サラリーマン雑学

サラリーマン向けの「ITとお金」お役立ち雑学です。

車検の期限が切れてしまいました。どうすればいいでしょうか。

こんにちは、えつみんです。

息子の引越しシリーズです。しばらく使用していなかった息子の車が、車検切れになっていました。しかもバッテリーは完全に上がっており使い物になりません。

車検切れの車には乗ることができません。どうすればいいでしょうか。もし公道を走れば重ーい罰則があります。※印参考

そんなときには、いろいろ方法があります。

方法① 仮ナンバーを取得して運ぶ

自賠責保険の期間が残っていれば、仮ナンバーを発行してもらい公道を走行できます。手続きは少し面倒で、走行するエリアを管轄する役場や陸運支局へ申請します。使用日時、用途、走行経路を記します。必要な書類は以下のもの。
・車検証もしくは抹消登録証明書
自賠責保険
・運転免許証
・印鑑
・手数料(750円くらい)

もし自賠責保険が切れていた場合は、先に保険にも入らなければなりません。

 

方法② ロードサービスによるレッカー移動

いわゆる、ロードサービス業者や輸送サービス業者などへ依頼して、積載車やレッカー車で運ぶことができます。ただし車検切れの車の移動はできないという業者もいますので確認が必要。

 

方法③ ディーラーや整備工場に搬送を依頼

車検を受けることを前提に、積載車やレッカー移動してくれるところもあるので、まずはディーラーや整備工場へ相談してみましょう。

今回は、③を選択しました。

まずディーラーへ連絡。ところが、レッカー移動はできませんとの回答。なんらかの方法で持ってきてほしいとのこと。

しかたがなく近所の整備工場をあたりました。今回はGW中のため3件は車検の受け付けがNG。4件目でやっと、車検オーケー、車の引き取りもしますという整備工場を見つけました。こちらの事情で、引越しのため日数が限られていること、車検が切れて、バッテリーが上がっていることを話すと、親身に話を聞いていただき、なんとかしましょうと言ってくれました。実はGW中は部品会社が休みのため、交換部品が入手できないらしいです。そこで最低限、車検を通すためだけの整備をして、部品は後日交換してくださいと、ご提案をいただきました。

結果、車検は無事終わり車が戻ってきました。とてもありがたかったです。本当に感謝感謝!

費用も、ディーラーの、見積もりより、3割近く安くできました。

 

まとめ

車検は、今までずっとディーラーで受けてきました。ディーラーは安心重視で点検が丁寧なため、かかる費用は高いです。今回近所の整備工場にお願いしてみて、費用をかなり抑えることができました。工場によって対応に当たり外れはあるでしょうが、相見積もりしてみて、印象が良ければ選択肢にしていいと思います。

 

※(参考)車検切れの罰則

車検切れの車で公道走行すると、違反点数6点、30日間の免停、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が課されます。さらに自賠責保険が切れていた場合は、違反点数12点、90日間の免許停止、1年6か月以下の懲役または80万円以下の罰金と、より罰則が重くなります。

この状態で人身事故を起こすと一発免許取り消し。物損事故を起こすと、無車検のクルマには任意保険は適用されません。絶対に車検切れの車で公道走行はしないでください。