サラリーマン雑学

サラリーマン向けの「ITとお金」お役立ち雑学です。

確定申告の還付金はどのくらいで振り込まれる? 少しでも早く戻ってくるツボをお話しします

こんにちは、えつみんです。

確定申告で所得税の還付金が戻ってきました。e-Taxで電子申告したのが1月15日、還付金の振り込みが2月3日でした。予想通り早かった!

確定申告期間中(2/16~3/15)は、大量の申告書が提出されます。紙で提出した場合、還付金の支払手続きは、約1か月から1か月半程度要するそうです。一方e-Taxで電子申告した場合は、もっと早く3週間程度で還付されるようです。今回私は1月中旬ごろe-Taxで出しましたので、さらに早く2週間ちょっとで税金が戻ってきました。

ツボ① 還付申告だけなら1月から受付可能
確定申告の期間は2月16日~3月15日と思われている方が多いと思います。しかし還付申告だけならば、2月16日より前に提出できます。今年は1月4日に確定申告書等作成コーナーが公開されましたので、その日以降であればパソコンで作成して申告ができます。1月中であれば税務署の皆さんもまだ余裕があって、還付の手続きも早く済むようです。

ツボ② 還付申告を忘れても5年遡って可能
還付申告をする年度分は、翌年1月1日から5年間申告可能です。例えば令和3年分については、令和4年1月1日から令和8年12月31日まで申告することができます。忘れていた場合でも、焦る必要はありません。その場合は、2月~5月ごろまでの税務署の繁忙期は避けて、比較的暇な夏ごろに提出すれば、還付されるのも早いです。

 

<体験談>
今回私の場合、還付金は12万円ほど返ってきましたので、使い道を妻と相談しました。私は小遣いを期待しましたが、妻の意見は「次の旅行費用として積み立てする!」と。確定申告の準備には、けっこう手間ひまかかったのでいくらか欲しいなーと交渉した結果、手間賃として2万円分け前をもらうことができました。ヨカッタ。

 

まとめ

還付金の電子申告を1月のうちにすれば、3週間程度で振り込みされます。また、過去5年遡って出せますので、もし準備が間に合わなかった方や忘れていた方でも、焦る必要はありません。税務署が忙しくない時期(6月~8月ごろ)の提出をお勧めします。注意として、還付ではなく税金を納める場合は、2/16〜3/15の申告期間内に提出してくださいね。