サラリーマン雑学

サラリーマン向けの「ITとお金」お役立ち雑学です。

IEからEdgeの切替えは、なかなか大変です

今年6月16日にマイクロソフトInternet Explorer(以下、IE)のサポートが終了します。終了後は、IE を起動するとEdge に切り替わってしまうそうです。皆さんの会社では、どうされていますか?

私の会社では、まだIEを使用しています。その理由は、IE以外では正常に動かないソフトがあるからです。一つはグループウェア(スケジュールやメッセージ、掲示板など、社内の情報共有アプリ)、もう一つは就業システムです。

しかし最近、IEでは動かないアプリが増えてきましたので、やむおえずEdgeへの切り替えを始めました。

 ➡ 

 

1)グループウェアの対策

グループウェアはEdgeでも基本動くのですが、セキュリティが強化された結果、ファイルのリンクが開かなくなりました。調べてみると下記記載がありました。

『2021/10/21 にリリースされたバージョン 95 にて、”ローカル イントラネット” ゾーン、かつhttpsのサイトに限って、file:// のリンク押下した場合に、リンクの指定対象ファイル (もしくは対象フォルダ) の一階層上のフォルダ (親フォルダ) をエクスプローラーで開くことを可能とする』

しかし、何度やってみても開きません。その原因は、グループウェア内でのリンク先がhttpだったためです。残念〜❗️

もう一つ救いの記述がありました。

『新しい Microsoft Edge においても fileプロトコルが使用できるようにするには、サードパーティー製の拡張機能ですが Enable local file links などのご利用や、IE モード のご利用をご検討ください。』

これはいけるかも❗️ で、試しました。

 

ツボ① EdgeのIEモード設定は期限付き

最初にIEモードを設定してみました。ところが、有効期限が30日しかありません。1ヶ月後には無効になり、再度設定が必要になってしまいます。個人のパソコンならまあいいですが、会社の全台再設定は現実的ではありません。

ツボ② ファイルリンクは拡張機能で対応

次にファイルリンクを有効にする拡張機能を探しました。今回、下記を適用してみたところ、上手く開きました❗️

https://chrome.google.com/webstore/detail/enable-local-file-links/nikfmfgobenbhmocjaaboihbeocackld

※100%動作保証している訳ではありませんのでご注意ください。

これで、グループウェアはなんとか利用できそうです。

 

2)就業システムの対策

現就業システムはIEが必須なのです。IE以外はいつ対応するのか聞くと5月末メドとのこと。仕方がないので、それまでは、IEで使う方針としました。

今回はIEで立ち上がるショートカットを作り、デスクトップに置きました。すぐに探せるようにアイコンは、赤く目立つものに変更しました。

ツボ③  IE専用ショートカットを作る

IEでしか動かないソフトがあるときは、IEのショートカットを作りましょう。そのプロパティの「リンク先」の箇所にサイトURLを追加します。元々入ってた「”C:\Program Files\InternetExplorer\iexplore.exe”」の後ろに半角スペースを入れ、続けて開きたいサイトのURLをダブルクォーテーションで囲んで入力します。

さらに、「アイコンの変換」ボタンで違うアイコンに変えることができます。

 

まとめ

IEのサポート終了が近づき、ブラウザをEdgeなどに切り替える必要に迫られます。早めに影響範囲を調べて、切り替えを始めましょう。マイクロソフトの都合に翻弄され、システム部門の人は本当に大変ですが、がんばりましょう。