サラリーマン雑学

サラリーマン向けの「ITとお金」お役立ち雑学です。

ふるさと納税の上限金額はいくら?駆け込み寄付をされる方は参考にしてください

こんにちは、えつみんです。

年末が近づいてきました。そういえばふるさと納税がまだでした、という方もいるのではないでしょうか。かくいう私も、上限額までまだ残りがあったので、駆け込み寄付をしました。

ふるさと納税とは、寄附金額の2,000円を超える部分が、所得税と住民税から戻ってくる制度です。つまり自己負担2,000円で多くの返礼品がもらえてお得です。

ところで、控除できる上限金額はご存じですか?
これを知らないと、上限を超えた分は自己負担となりますので注意が必要です。

上限額は、寄附を行う方の年収や家族構成、他に受けている税金控除の金額によって変わります。

それでは、いくつかのパターンで上限額の目安をご紹介します。

 

f:id:etsumin:20211219164317p:plain

 

ここから、年収が多い方ほど上限額が大きいことがわかります。また、配偶者や高校生、大学生がいる方は上限額が下がります。

また、住宅ローン控除や医療費控除など、その他の控除を受ける場合は、上限額がこれより少なくなります。

 

まとめ

年末まで残り少ないですが、年内の12月31日23時59分までに支払いを完了(決済が完了)すれば、その年のふるさと納税として申告できますので、駆け込みする方は急ぎましょう。