サラリーマン雑学

サラリーマン向けの「ITとお金」お役立ち雑学です。

扶養控除にもれがあると損をします!年末調整もしくは確定申告で確実に申告を。

こんにちは、えつみんです。年末調整シリーズとして、今回は扶養控除についてお話しします。

扶養対象の親族がいらっしゃる場合、扶養控除が受けられますので、年末調整の機会に該当していないか確認しましょう。

●控除金額は?

扶養控除金額は、1人あたり38万円です。老人扶養親族(同居老親)の場合58万老人扶養親族(同居老親以外)は48万円19歳以上23歳未満(特定扶養親族)は63万円。と大きな控除があります。老人扶養親族とは70歳以上の方です。

さらに、障害者の方であれば以下が加算されます。特別障害者で同居なら75万円、非同居なら40万円、一般障害者なら27万円。

例えば、控除が38万円であれば、所得税率10%の方は約3万8千円戻ってきます。

 

●扶養親族の条件は?

その年の12月31日時点で、

①配偶者以外の親族(6親等内の血族および3親等内の、姻族)、または養育を委託された児童や養護を委託された老人

②本人と生計を一(いつ)にしていること ➡ツボ1

③年間の所得金額が48万円以下(収入103万円以下)

※給与収入だけの場合

青色申告者の事業専従者として給与支払いを受けていない、または白色申告者の事業専従者でない

 

ツボ1️⃣  同居していなくても仕送りしていればOK

「生計を一にする」がポイントです。同居でなくても、少しでも生活を助けていれば大丈夫です。仕送り額に基準はありません。実家の老親がいる方や、別居の学生の子供がいる方は要チェックです。念のため振り込み記録や書留などの証拠は残しておきましょう。

 

ツボ2️⃣  「ひとり親」の控除ができました

R2年度から新たにひとり親の控除ができました。未婚のひとり親の方は、婚姻歴の有無や性別を問わず、35万円が控除されます。

 

ツボ3️⃣  年度途中で扶養親族が亡くなった場合

死亡日において扶養親族であれば、その年の扶養控除は受けられますので、外す必要はありません。

 

●扶養控除の申告方法は?

扶養控除を認めてもらうには、会社を通じて「扶養控除等(異動)申告書」の提出が必要です。毎年1月にその年の分を提出します。
年の途中で異動が生じたときには、あらためて「扶養控除等(異動)申告書」を会社に提出します。もし途中で出し忘れても、年末調整のときに配布されますので、12月31日時点の状況を記入して提出すれば大丈夫です。

 

まとめ

扶養控除は、大きく税金を取り戻すひとつの手段です。該当する方は忘れずに申告しましょう。該当するかわからない方は、会社や税務署に問い合わせしてみましょう。年末調整に間に合わなかった場合は、確定申告でも申告できます。

 

 

(参考)以前の投稿「扶養控除のツボ!」です

etsumin.hatenablog.com