サラリーマン雑学

サラリーマン向けの「ITとお金」お役立ち雑学です。

情報システムも定期健診を⁉️

システム障害のニュースがでるたびに、裏で頑張って対応されているSEの方の苦労を思うと心が痛みます。

 

さて、会社員は一年に一回健康診断を受けます。その結果を見て、今年は尿酸値が増えたので、痛風が出る前に高カロリーのものは控えよう!など対策を考えます。もし健診を受けていなかったら・・・突然大きな病気にかかってしまうリスクが増えます。

 

情報システム、コンピュータも同じで、故障する前に予兆を掴んで部品交換等をします。これをPM(プリベンティブメンテナンス)、予防保全 といい、性能を維持し故障を未然に防ぐ目的で行います。

 

私も毎日会社のサーバ室に行って、アラームが出ていないか、バックアップは取れているか点検をしています。異常が見つかれば、即原因調査をして対策。点検結果は◯Xチェックリストに記録します。このリストは後から思い返すのにも役立っています。

そのおかげで、大ごとになる前に救われたことが何度もありました。

 

24時間365日動いている情報システムは、人間の身体と同じ。血圧は高すぎないか?(CPUの負荷は大丈夫?)、胸部レントゲンで影がないか?(バックアップファイルはできている?)など定期健診を行うことがとても大事だと思います。