サラリーマン雑学

サラリーマン向けの「ITとお金」お役立ち雑学です。

「コオロギせんべい」を食べてみました

先日妻が、昆虫食「コオロギせんべい」なるものをスーパーで購入してきました。試しに食べてみたら、えびせんの味を少し薄くしたような、しょうゆ味のせんべいで、たいへん美味しくいただきました。

そこに、こおろぎの姿はなく、パウダー状にしたものを甘薯でんぷんと混ぜて焼いてあり、言われなければ、コオロギが入っているとはわかりません。

f:id:etsumin:20210523192336j:image

f:id:etsumin:20210523192344j:image

 

袋の裏に栄養価が載っており、タンパク質は、サバの3倍、カルシウムは牛乳の2倍とのこと。コオロギの体は60から70%がタンパク質で、味はエビに近いそうです。

また、動物の飼育と違って餌が少なくて済み、育ちが早く、少ないエネルギーで食料ができるという強みがあります。すでに飼育方法も確立しているそうです。

中には拒否反応を示す人もいると思いますが、「昆虫食が、私たちの暮らしを救う!」とうたっているように、もしかしたら将来の食料不足を救う救世主となるかもしれません。

まだニッチ市場ですが、大きなビジネスチャンスがありそうな気配がします。

 

 

ふるさと納税のツボ❗️

こんにちは、えつみんです。

久しぶりに確定申告シリーズです。今回はふるさと納税について。

個人で寄付を行ったときに、確定申告によって税金が戻るしくみが「寄付金控除」です。「ふるさと納税」はその一つです。

最近は、返礼品競争が過熱していますが、地方自治体へ寄付すると、その3割以内の返礼品がもらえます。最近は災害地域に対して、復興につかってもらう寄付もあります。

<結論>

ふるさと納税」は、寄付した金額のうち、2000円だけが自己負担分で、残りは所得税と住民税から戻ってきます。さらに特産品などの返礼品があり、「一粒で二度おいしい」制度です。

 

ふるさと納税のメリットを挙げると、

メリット① 好きな特産品を選んでもらえる

その地方特産のお米や魚、野菜、お菓子などの品をもらえます。かなり選択肢が多いので悩みますが、私は毎年、お米の詰め合わせセットや、鰻のかば焼きをよく頼んでいます。

 

メリット② 所得税と住民税が安くなる

年収600万円で配偶者と16歳以上19歳未満のお子さん1人がいる方で、上限目安※の6万円を寄付した場合(所得税率10%として)、

所得税から、5,800円が還付されます。
・住民税から、5万2,200円が引かれます(翌年分に支払う住民税から)

住民税が安くなる効果がかなり大きいことがわかります。ただし所得税より戻ってくる時期が遅いです。

 

メリット③ 税金の使い道を自ら指定できる

私たちが納めた税金の使われ方は、普通わからないのですが、「寄付」をすることで、税金の用途を自分で決められることになります。

 例えば、自然災害の被災地に6万円寄付すれば、税金から5万8千円が個人に戻ってきますが、この金額は、国と地方自治体が、寄付した方に代わって被災地に使っていることとなり、いわば、個人が税金の使い道を指定したことになります。

 

<まとめ>

ふるさと納税は、所得が大きい人ほど寄付金上限額が大きく、少し不公平ですが、税金を減らす効果が高く、かなりお得なしくみなので、ぜひ活用しましょう。

 

※所得金額や家族構成によって、ふるさと納税できる上限額が決まっているので、ふるさと納税ポータルサイトなどで確認しましょう。

 

歯ぐきの治療で保険金出る❓

こんにちは、えつみんです。今回は保険金請求の体験談です。

半年前のことですが、歯ぐきに丸い腫れものができたので、20回ほど治療に通ってやっと治りました。長いことかかりました。

歯のスキマの食べ物を爪楊枝でつっついているうち出血があり、歯の根っこにバイ菌が溜まり、それが歯ぐきの表面に出てきたようです。歯のかぶせ物を取って消毒し、一旦治ったように見えたのですが、1週間ほどで再発。結局歯ぐきを切開して、歯の根っこ深くのウミを除却する「歯根端(しこんたん)切除手術」をうけました。

 

今まで、歯の治療は保険金は出ないものと思い込んでいましたが、今回「手術」をしたので、改めて保険会社に聞いてみした。

傷害保険は、虫歯や抜歯、歯槽膿漏の治療などでは出ませんが、突発的な外因によるものであれば、出る可能性があるとのこと。要は慢性的なものはダメで、突発的な要因(ケガ)なら出るようです。手術一時金は細かい規定があり、手術コードを書いてと言われました。

〈結論〉

今回は手術一時金は出ませんでした。(ただし保険会社によっては、同じ手術名であっても何割か出る場合もあるようなので、確認しましょう)

一方で、通院日額は認められて、満額出ました。

知らずに請求しないと、せっかくかけた保険が無駄になります。

思い込みでダメと思っていても、念のため確認してみるとお金が返ってくることがある、という体験談でした❗️

 

(追記:2021/5/28)

もう一つ契約していた別の保険会社からも、通院保険が満額出ました。しかし手術一時金は出ませんでした。歯根端切除手術は、給付対象外の保健会社が多いようです。

パターを買いました

こんにちは、えつみんです。

先日二年ぶりにゴルフコースへ行きました。スコアはブランクがあったのに105とまあまあの出来(普段は110くらいです)。最終ホールのパー5でバーディが出て、すごく気持ちよかったです!ひさびさにゴルフの楽しさを思い出しました。

その時ハプニングが! なんとパターのグリップの赤いラバーが、ぼろぼろとはがれてくるではないですか⁉️

仕方がないので、昨日つるやゴルフへ行って、新しいパターを買ってきました。これまでネオマレット型(丸い大きなツーボールパター)でしたが、マレット型(かまぼこ方)にしました。コレ↓

f:id:etsumin:20210509095419j:image

f:id:etsumin:20210509095412j:image
f:id:etsumin:20210509095416j:image

熱心な店員のお兄さんの勧めで、マレット型とピン型のニ種類を何度も試打。これに決めた理由は、構えやすい、真っ直ぐ引きやすい、距離感が合いやすい、打感が硬めでコン!といい音、色も気に入りました。

お値段は少し高めでしたが、定価の3割引きからさらに値切って4割引きに。定価って何?と思いましたが、かなりお買い得感あり。

〈まとめ〉

クラブ購入は、ネットではなく、実物を試打して、しっくりくるものを選んだほうがいいですね。

ダメ元でも、予算が足りないのでなんとかなりませんか? と値切りましょう。(ブランド品は難しいでしょうが)

早く実践で使いたいです⛳️

 

インターネット回線の見直し

現在のインターネット回線の契約がちょうど二年経過し、解約金がかからないこの1ヶ月の間に変更するつもりです。

 

今回ソフトバンク光からソネット光への移行を決めました。検討した中では、NURO光が2Gと速いのですが、マンションオーナーの同意書がいるのであきらめました。またAu光は、キャッシュバックが大きいのが魅力ですが、手続きが面倒なのでやめました。

光回線業者が同じでも、代理店によってキャッシュバックの金額や条件が違ってややこしいですね。オプション契約しないとダメとか、半年先にキャッシュバックしますというのは要注意! 半年たつとほぼ忘れてしまいます。

 

ソネット光にした理由は、キャッシュバックがない代わりに、最初から月額を下げているので、低価格で利用できることです。月額2000円近く下がる見込みです。

 

今回勉強になったことは、ソフトバンク光もソネット光も、NTTの光回線を借りている「光コラボ」です。その場合、事業者変更承諾番号ソフトバンクから入手して、ソネット申込時にそれを伝えると、NTT光回線と機器はそのまま流用でき、回線工事は不要になることを知りました。

 

<まとめ>

インターネット回線の比較や変更手続きは、結構大変ですが、よく調べれば、月額費用が下がります。更新月をチェックしておき、2ヶ月くらい前から検討を始めるのがいいですよ。キャッシュバックの条件には、注意してくださいね。

 変更後、スピードが速くなったか遅くなったか、改めてレポートします。

雑損控除のツボ❗️

今回は、確定申告の雑損控除の話です。

「雑損控除」とは、本人と家族の(日常生活に必要な)住宅や家財に損害があったとき、自動車・現金など生活財産の被害にあったときに、その損失金額を控除できるしくみです。

 

〈結論〉

自宅が地震や台風、火災などの被害を受けた、また家財が盗まれたなどの損害があったときは、確定申告をしましょう。特に被害額が大きい場合、戻る税金も大きいです。

 

《対象は?》

(1)自然災害や火災により自宅の修理費がかかった

(2)家財、自動車が盗難に遭った ➡️ツボ①

(3)シロアリなど害虫駆除にお金を使った ➡️ツボ②

 

➡️ツボ① 家族の財産も対象

本人だけでなく、生計を一にする家族の財産も対象です。(家族の場合は、その人の総所得金額が38万円以下が条件)

「通常の生活に必要な財産」が対象なので、株や不動産売却による損失は対象外です。また、オレオレ詐欺や恐喝は対象外ですので、ご注意ください。

 

➡️ツボ② 害虫駆除も対象

害虫によって住居に損害を受けた場合、害虫駆除やそのための家の修繕費用も対象です。これは意外と知らない人が多いのではないでしょうか。ただし、害虫予防のための費用は対象外です。

 

《控除額の計算方法は?》

①損失額−所得金額の10%

②損失額のうちの災害関連支出−5万円

①と②のうち、多い方の金額

 

例えば、総所得額が200万円の方が災害で自宅に損傷を受けて、損害金額(被害額)が255万円、災害関連の支出額が5万円、保険金による補てん金額が10万円の場合、

雑損控除は、(255万円 + 5万円)-10万円 - 20万円(所得の10%) = 230万円 となります。つまり、この人の場合は230万円の雑損控除を受けることができます

このケースでは、所得金額よりも控除額の方が30万円多くなります。その分は翌年度以降に繰り越して、3年間のうちに各年の雑損控除として使うことができます。➡️ツボ③

 

➡️ツボ③ 損失費用は繰り越し可

損失額がその年の所得金額からマイナスしきれないときには、最大3年間繰り越して各年の税金を減らすことができます。

 

(参考)雑損控除とは別に、「災害減免法」という税軽減のしくみもあります。その年に限って所得税を軽減・免除するというものです。

被害額等にもよりますが、最大で3年間の控除が受けられる「雑損控除」のほうが有利と言われています。

 

〈まとめ〉

近年、自然災害が増えています。雑損控除により税金が戻ることがありますので、被害を受けた方はぜひ活用しましょう。

障害者控除のツボ❗️

今回は、障害者控除についてお話します。これは、障害者を扶養する方の税負担を軽くするための控除枠です。

〈結論〉

本人、配偶者、扶養親族に障害者の方がいれば、障害者控除が受けられます。控除額は障害者一人に対して27万円、症状の重い方(特別障害者)は40万円、同居特別障害者は75万円です。

 

《障害者控除の対象者は?》

以下のいずれかに当てはまる障害者が対象です。この中で★印(5)は、昨今の高齢化社会の中、対象になる方が多いと思います。

(1)心神喪失の常況にある人=特別障害者
(2)知的障害者と判定された人(この内重度の知的障害者=特別障害者)

(3)精神障害者保健福祉手帳が交付された人(この内障害等級が1級の人=特別障害者)
(4)身体障害者手帳が交付された人(この内障害の程度が1級or2級の人=特別障害者)
★(5)満65歳以上で、市町村長や福祉事務所長に障害があると認定されている人(このうち重度と認定されている人=特別障害者) ➡️ツボ①
(6)戦傷病者手帳が交付されている人(この内重度の人=特別障害者)
(7)原子爆弾被爆者=特別障害者
(8)寝たきりの状態(6ヶ月以上)で、複雑な介護が必要な人=特別障害者

 

➡️ツボ① 要介護認定だけでは受けられません

65歳以上で要介護認定をされている方は、「障害者控除対象者認定書」の発行を市町村へ申請しましょう。これがないと控除を受けられません。

自治体によって認定基準が違うので(要支援2からOKのところや、要介護でないとダメなところなどまちまち)、前もって確認をお勧めします。

私は、妻の母親が要介護2になった時に、この制度に気づいて発行してもらい、障害者控除を受けていました。

 

《判定の時期》

その年の12月31日時点で判定します。

 

《控除額は?》

 区分  【所得税控除額】【住民税控除額】
・障害者     27万円   26万円
・特別障害者   40万円   30万円
・同居特別障害者※ 75万円     53万円

※同居特別障害者とは、同一生計の配偶者又は扶養親族で、納税者自身や配偶者や生計を一にする親族のいずれかとの同居を常としている方です。➡️ツボ②

 

➡️ツボ② 別居でも「同居特別障害者」にできるケース

例えば、長男が、別居している父親(特別障害者)と母親を扶養親族にしている場合、父親は生計を一にする親族である母親と同居しているため、長男の同居特別障害者にでき、75万円の控除を受けることができます。

これはややこしい❗️ので、知っている人は少ないと思います。

 

《いくら戻ってくる?》

年収500万円の方で、扶養している家族が同居特別障害者の場合、

・課税対象所得金額=500万円ー(500万円×20%+44万円)ー基礎控除48万円=308万円。この場合の所得税税率は10%、住民税税率も10%として計算。
所得税からは、75万円×10%=7万5,000円、住民税からは、53万円×10%=5万3,000円、 合わせて約12万8,000円が戻ってきます

 

〈まとめ〉

本人、配偶者、扶養親族に障害者の方がいれば、障害者控除が受けられます。

前にお話した扶養控除額に、障害者控除額がプラスされ、税金が戻ってきますので、該当される方は是非申告しましょう。

 

 

(参考:過去ブログ)

所得税はどうやって決まる?その1

https://etsumin.hatenablog.com/entry/2021/04/03/225836

所得税はどうやって決まる?その2

https://etsumin.hatenablog.com/entry/2021/04/07/183437